タグ別アーカイブ: 秋の養生

簡単薬膳しよう!秋の薬膳粥はこんな働きをします。

薬膳粥

10年先も健康でイキイキ輝くために
薬膳は身体を健康にするしっかりとした理由があります。
それを学ぶのが薬膳教室ワークショップです。

 

昨日は3分で売り切れ、
今日はご予約で売切れを頂きました。
潤いと気を補い抵抗力をつける秋の薬膳粥」は、
秋の身体を考えた食材で作りました。

 

秋は乾燥が始まる季節です。
身体も肺や大腸、皮膚から乾燥が始まります。
残暑もあり毛穴も開きっぱなし。
抵抗力(氣)が激減して体調を崩すのが初秋です。
気は肺で作られます。
肺を潤して、やる気、元気を戻しましょう!

 

(今日の薬膳粥の食材とその働き)

・肺皮膚大腸を潤わせ乾燥から守る
『百合根、大根、白木耳、スダチ』

・気血を補い全身を潤わせる
『なつめ、エビ、カツオ』

・気を補い元気をつける
『もち米、うるち米、古代米』

・残暑の熱をとり解毒する
『ハイビスカス、ヨクイニン、胡瓜』

・消化器系の調子を整える
『梅肉鰹味噌、柿蔕、昆布、梅、紫蘇』

 

9月の「こころと身体の健康おしゃべり相談会」は、
9/25火曜日の1日のみとなっております。
Facebookイベントページ

ご予約優先とさせて頂いております。
皆様のお越しを心よりお待ちしております🙇‍♀️


「TOP」
[薬膳ワークショップ・イベント]
[薬膳教室]

暦では今日薬膳しよう!から秋。肺に潤いを💧がキーワード

台風で揺らぐ葉っぱの陰に自生していた冬瓜。前々から何がなるのか気にしていましたところ、一昨年も自生した冬瓜でした🥒
暦では今日から秋。

冬瓜は、夏(๑˃̵ᴗ˂̵)乗り切り、秋に必要な肺に潤いをくれる効果的な食べものです。

冬瓜は、余分な熱や毒素を排泄してくれます。肺大腸膀胱に清熱、利水、消腫、生津、除煩の働きがあります。

・特に種の冬瓜仁は、黄色くこびりつく粘性の痰や排膿にも良い働きをします。

・皮は冬瓜皮といって、肺、小腸経の利水消腫、水太り感の解消や、尿の排泄を促します。
摂りすぎると身体を冷やしすぎることがあるので、身体を温める生姜や海老と一緒に煮ると安心です(╹◡╹)♡

★8/19土曜日の「薬膳と西洋医学をもっと身近に」の最終回。施膳してみよう!でも使える食材ですね〜

#国際薬膳師山下れい子

#薬膳と西洋医学をもっと身近に

#立秋

#冬瓜

#冬瓜仁

#冬瓜皮

#自生植物