タグ別アーカイブ: 金柑

胃脾肺肝に働くキンカンの天日干し

こころと身体の健康コーチング 薬膳茶房リブ 国際薬膳師山下れい子

若すぎず熟れ過ぎず🍊

天日干しに丁度良いタイミング。

人間でいうと、人生の第三充実期
内に向かって実りを見つめる金の行の白秋期(はくしゅうき)
60歳あたりなのかもしれません☺️

中医学では人間の一生における転化が4回あると考えています。
それぞれの時期に注意すべき臓腑を意識した食物を心がけることも薬膳養生です。
☺
第一期:青春期(セイシュンキ)(子ども時代からの転化)肝
第二期:朱夏期(シュカキ)(成長が止まって壮年に転化)心
第三期:白秋期(ハクシュウキ)(内に向かい実りを見つめる時期)肺
第四期:玄冬期(ゲントウキ)(永眠の準備をする時期)腎

 

金柑は身体を温めながら肺肝胃脾を整えます.
金柑/肺肝胃脾
辛甘酸/温
消食 化痰 疏肝解鬱 燥湿理気

#白秋期
#きんかん
#金柑
#肺肝胃脾
#温性
#食べすぎに
#飲みすぎに
#イライラに
#薬膳生活
#国際薬膳師山下れい子

 


 

薬膳を習慣化すると選択が変わる

選択が変わると、見えるものや見るものが変わる

世界が変わる
人生がイキイキする

薬膳生活

 ・薬膳教室
(一家に一人、一企業に一人、一団体に一人の薬膳師を育てるための薬膳教室)

⇒薬膳と西洋医学をもっと身近に→香川県丸亀市会場 珈琲倶楽部図書館
⇒マイブレンド薬膳茶教室

・舌診てつくる薬膳茶
五臓六腑ヨガ&舌診てつくる薬膳茶

⇒ 香川県善通寺市会場
⇒ 岡山県笠岡市会場 ソーカンタンフ

(4名様以上で薬膳教室の定期出張致します。お気軽にご相談くださいませ)

 

今が旬の食材仕込み

薬膳茶房リブ

今が旬の食材は、来季の身体づくり(養生)をするために必要な波動の宝庫。
あちらこちらで見かける食材、頂きすぎてどうしよう?
こうすると、薬膳の素材になったり、温まる入浴剤として活用できます。

①ジャムまたは煮る


柚子(ユズ)の皮:甘酸//肺脾肝
消食、化痰、解酒毒、理気

これはお菓子のトッピングや柚子湯として使う為にジャムにしております。
・一般的には砂糖を入れて煮るだけ。
※薬膳茶房リブで使う「お菓子のトッピング」や、「柚子湯」でお出しする柚子ジャムは、「高麗人参や甘草、なつめ、生姜」と一緒に煮つめています。

 

②陽の氣を吸収させるために、少なくとも一日は天日干しすることが理想。

できない方はお部屋の中でもオッケー。
パリパリになるまで乾燥させてください。


金柑(キンカン):辛甘酸//肺肝胃脾
消食、化痰、燥湿、理気、疏肝、解うつ
・薄く切って天日干し


乾姜:(カンキョウ):辛//脾胃心肺
温中散寒、回陽通脈、温肺化痰
・一度蒸した生姜を薄く切って天日干し


陳皮(チンピ):辛苦//脾肺
理気、調中、燥湿、化痰
・みかんの皮を茶色くなるまで天日干し
(厳密にいうと温州ミカンの皮、古ければ古いほど効果が高いとか)

※皮ごと使う場合は、残留農薬、もしくは油性防腐剤(ワックス)のないものをお選びください。

—————————————–

●場所:薬膳茶房リブ88店
丸亀市飯野町東二339-1(88stage)
◎[開催日] 月曜日 火曜日
◎[時 間] 11時~17時
◎[駐車場] 無料
◎[入場料] 無料
◎[連 絡] 問合せお申込 又は facebookメッセージ 山下れいこ

—————————————–

◎[日程] こちらでご確認ください