タグ別アーカイブ: 中医学

りぶちゃんの薬膳勉強№13「立冬・季節に合わせた過ごし方・未病先防」

りぶちゃんの薬膳勉強 №13(季節編)

前回までは「土用編を4回に分けて勉強しました」

11月8日の『立冬』から冬が始まります。
中医学・薬膳からみた季節の過ごし方!

土用って?間日って?など、前回のおさらいはこちら


【季節に合わせた過ごし方】

⇧ 春は、芽生・発陳の季節
新陳代謝や自然治癒力が発散する陽の季節。
この時期のエネルギー調整を『養生』といいます。

冬の間に貯えた老廃物を出すために身体を動かし始めることがポイント。木々が芽吹き、花が咲き出すように、人もゆっくりと動き出そう!

★春の身体は「青い食べ物・酸味」を欲しがります。
★春土用に旅行や移転などで行ってはいけない方位、辰(南東)と戌(南西)

 

 

⇧ 夏は、生長・蕃秀の季節
天地の気が満ちあふれ、吸収と排泄が高まり成長する陽の季節。
この時期のエネルギー調整は『養長』といいます。

汗をかいて毒素を排泄できる夏にしっかり汗をかいてデトックスしておくことが大切。この時期にデトックスして、一年間溜まった毒素を排泄!

★夏の身体は「赤い食べ物・苦味」を欲しがります。
★夏土用に旅行や移転などで行ってはいけない方位、未(南西)と丑(北東)

 

 

⇩ 秋は、容平・収斂の季節
春夏には外に向けていた陽の気を徐々に内に収束。
この時期のエネルギー調整は『養収』といいます。

心身ともにフラットにする陰の季節。冬への準備期間で活動も収束のタイミング。穏やかに心静かに過ごしながら一年のフィードバックと翌年の取り組みを妄想!

★秋の身体は「白い食べ物・辛味」を欲しがります。
★秋土用に旅行や移転などで行ってはいけない方位、戌(南西)と辰(南東)

 

 

⇩ 冬は、閉蔵・養臓の季節
硬く閉ざして陽気(エネルギー)を外に出さない。
この時期のエネルギー調整は『養臓』といいます。

臓腑にエネルギーをギュッと貯えて寒さをしのぐとき。翌年の自分をじっくりイメージしながら身体もこころも省エネモード。勉強や読書など、静粛なスキルアップが身につきやすい!

★冬の身体は「黒い食べ物・鹹味(塩ミネラル)」を欲しがります。
★冬土用に旅行や移転などで行ってはいけない方位、丑(北東)と未(南西)

 

 


「基礎から学ぶ薬膳教室」ではこのようなお話もしております。
次のりぶちゃんの薬膳勉強№14は「九星が逆行する日盤切替」です。


 

[開催,募集中の薬膳教室]
[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント]   [気学と氣療]

[りぶちゃんの薬膳勉強]
[問合せお申込]     [TOP]

受付再開「2月よりスタートの基礎から学ぶ薬膳教室」

基礎から学ぶ薬膳教室
会場を変更して受付を再開致します。

「薬膳と西洋医学をもっと身近に」
単発ご受講もオッケーです

2019年2月20日より新学期(第8期)が始まります。
《 受講者様募集》


キャンセル待ちを頂いておりました方々に深く御礼申し上げます。
この度、会場を変更してみなさまのご受講をお待ちしております。

 

☆この講座で学ぶこと
全8回を修了された方々には、修了証を発行しております。
(中医学薬膳の基礎を学ぶ講座です。料理教室ではございません)
[薬膳教室やコーチング、氣療整体を受けられた方の声] 

 

☆全8回修了後は次のようなステップアップをご用意しています。
・薬膳アドバイザー認定試験やインストラクター、国際薬膳師への連携
・薬膳イベントに参加(アウトプットの練習や出店)
・色々な方向のスキルアップ講座
new! 1回限定無料コーチング

 

[中医学薬膳] 日常に活かせる!
(途中からのご受講も、単発ご受講もオッケーです)
vol1・薬膳の全体像とあらまし / 食物の性質と作用 /季節のからだ
vol2・陰陽って? / 2.五行って? /季節のからだ
vol3・気の働き / 血の働き / 津液の働き
vol4・五臓の働き / 六腑の働き /季節のからだ
vol5・病を引き起こす原因 / 発病のしくみ/季節のからだ
vol6・診断学(四診) / 八網
vol7・弁証施膳理論 / 季節のからだ
vol8・やってみよう弁証施膳 /

[西洋・現代医学]
・現場に寄り添った基礎知識や生理学やメンタルヘルス
[最終目標]
毎日を快く過ごすためにのセルフメディケーション
「体調に合せた薬膳レシピを自分で組めるようになる」

 


会場:宇多津会場(ユープラザうたづ)》
〒769-0206 香川県綾歌郡宇多津町浜六番丁88番地
ユープラザうたづ
Vol.1 2/20 アトリエ室
Vol.2 3/20 研修室2
Vol.3 4/17 研修室1
Vol.4 5/15 研修室1
Vol.5 6/19 研修室1
Vol.6 7/17 研修室2
Vol.7 8/21 アトリエ1
Vol.8 9/18 検討中

 

【受講概要】
NEW! [受講費]
・1回受講3,500円(当日徴収致します)
再受講1回 2,000円(テキストはご持参ください)
一括振込割引 26,000円(当日払いの方は3,500×8回 → 28,000円)
振込先はお申込みに返信メールでご案内させていただきます)

◎[定 員]  丸亀会場10名 / 宇多津会場20名
◎[講 師]  国際調理薬膳師山下れい子CRACM-J16-C40
◎[連 絡]  お問合せ申込 又は facebook

 



その他


《 現在開催中のクラス 》

・平日クラス(第6期):全8回
9/3. 10/1. 11/5. 12/3. 1/7. 2/4. 3/4. 4/15→4/8に変更(10:00~13:00)
予定

・日曜クラス(第7期):全8回
9/16. 10/21. 11/25(13:30~16:30)
12/2. 1/6. 2/3. 3/3. 4/14 → 4/7に変更(10:00~13:00)予定

【会場】
・丸亀会場 珈琲倶楽部2F図書室
〒763-0051丸亀市今津町259-10
 

 

◎[駐車場] ファミリーマートさん内、西側(画像の赤いエリア)


▼何度でもご受講いただけます。再受講2,000円。

全8回を修了された方々には、修了証を発行しております。

当講座は、神戸の本校(咲美堂)と連携しております。
薬膳アドバイザー、薬膳インストラクター、国際薬膳師など各資格取得の受験のご案内もさせて頂きます。

 

[薬膳教室やコーチング、氣療整体を受けられた方の声] 

 


[TOP] [薬膳教室] [日程]

[お申込み・問合せ]

季節にも陰陽があるよ。中医学薬膳№16

「中国伝統医学の基本となる陰陽」
季節にも陰陽があります。

続きを読む 季節にも陰陽があるよ。中医学薬膳№16

登山で楽しむ補陰陽~谷川岳~

こころと身体の健康コーチング 薬膳茶房リブ 国際薬膳師山下れい子

今回の登山遠征では新潟県と群馬県にわたる谷川岳に行ってきました。この山がどれだけ凄い山だったかは他でお調べ頂くとして、まずは、全員が無事に下山できたのが一番の喜びです。

他にも…、

こんな中医学的な楽しみもしてきました。

中医学薬膳では、
気血水のバランスが整い、
体内の代謝循環がスムーズであること
を健康と考えています。

もちろん、こころと心身両面の健康です。

そのために大切なのが

自然界に存在する陰陽バランスの活用。

陰陽バランスは意識することで改善されますので試してみてください。

①朝陽を浴びて陽の氣を摂りいれる「陽」
夕陽を浴びて一日の疲れを流す「陰」

②一歩一歩踏みしめながら大地を感じる「陰」
眺望を見渡して感動する「陽」

 

③自然界も夏の「陽」から、冬の「陰」に向かう準備。
五色(青、赤、黄色、白、黒)のベストバランス。

 

③霧の中不安がよぎる「陰」
霧が晴れて登頂成功した「陽」

 

はい、既にお気づきのことでしょう。
世の中のありとあらゆるものには陰と陽があります。
どちらが良いとか悪いとかではなくどちらも必要なモノです。

陰があるから陽が生まれる
陽があるから陰が生まれる

登り口があるから登れる
山頂があるから降りれる

楽があるから苦める
苦があるから楽める

 

これは中国伝統医学の基本概念のひとつですが簡単に楽しめます( ◠‿◠ )

 

一日のいろいろなシーンを、
今は陰?陽?と、
カテゴライズしてみてください。
心も身体のスッキリと前に進めることでしょう(^O^)

もちろん、傍らには体内の陰陽バランスを整える薬膳茶
これは外せませんね(*´▽`*)


・陰と陽って何?
・薬膳に興味がある
・こころと身体の健康について学びたい
などなど、
「薬膳と西洋医学をもっと身近に」のVol.2が11月7日から8回にわたって開催されます。

ご家族の胃袋と健康を握るお母様や、社員さまの健康を願う管理者様に受けて頂きたい内容です。

詳しくはこちらをご覧ください。