タグ別アーカイブ: 香川県善通寺市

今が収穫どき・夏準備に役立つ身近な薬草たち

夏に役立つ身近な薬草たち

生薬としても使われている薬草たち。
収穫、仕込みは蚊の少ない今が最適🍃
先日収穫した夏に役立つ薬草たちをご紹介します。

 

・問荊(もんけい)すぎなとも言い、肝の気血を整えます。苦/涼(肺肝脾膀胱)養肝 清熱 涼血 止咳 止血 解熱 利尿。

・艾葉:艾葉(がいよう)よもぎとも言い、夏に不足しがちな血を補います。苦辛/温 (肝脾腎)補血 造血 温経 化湿 健胃 散寒

・柿葉 甘渋/寒(心肺胃大腸) 清熱 潤肺 止渇 解酒 咳 吐血 血便 口内炎 発熱 痔

・琵琶葉:喘息のような咳や気管支など、肺経絡の炎症落ち着かせてくれます。苦/涼 肺胃 化痰止咳、和胃降逆、呼吸困難、嘔吐、咳嗽、暑気あたり、皮膚炎、虫刺され、濃く煎じたものを使用したり、アルコールに漬けたチンキ液を塗布。

・薄荷(はっか):ミントとも言い、暑さからくるストレスを緩和します。
辛/涼(肝肺)疎散風熱、清利頭目、透疹、頭痛、発熱咳嗽、咽頭腫痛


【どう使えばいいのかしら?】
・お茶に入れる(薬膳茶に組み入れれば理想)、夏はアイスで
・お菓子にいれる(薬膳菓子)
・煎じて飲む、塗布液として炎症止めに使う
・酢につける
・アルコールに漬けて炎症止めに使う



[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント] [気学と氣療]
[TOP] [問合せお申込み]

簡単!薬膳酢の素(健康保存食キット)がでました。

気血水を調整する保存食キット

簡単! 薬膳酢の素
(ピクルス・健康保存食)

私。料理は致しませんが、時間の空いた時は未病先防(病気になる前に季節を先取りした予防法)を意識して、四季折々で効果的な保存食を作ります。特に春から続くストレスを受けて心臓にダメージが出やすい夏は要注意!


ありがたいことに、前回ご案内したピクルスが大好評。
そこで、
「薬膳酢の素 健康保存食キット」をお作りいたしました。
酢に漬け込むだけの簡単キットです。
(酢はお好みのをご用意ください)


 

★各具材、薬膳の効果効能(食性)説明付き(1500円)
(どの臓腑にどんな働きをするか?など)

季節に応じて色々なお野菜やハーブを一緒に漬け込むと更にうまし。
(酢はお好みのをご用意ください)

モチロン中の野菜も食べれますが、この酢がポイント!!
酢はもともと気の流れを高めてくれますので元気になれます。
なにより、何にでもかけて食べられるところがうれしいですね✌️
(サラダやチャーハン、ラーメン、餃子、酢物、野菜炒め、サワー等々)

 

★お求めは★
各薬膳教室こころと身体の健康おしゃべり相談会、5月16日からは占いカフェハスハスで。(お取り置きも承ります)

 


薬膳小話
春から続くストレスによって、「心エリアと脾胃エリアのトラブル」を生むのが夏です。動悸や心疾患、不眠、健忘、消化器系不調などが起こりやすくなります。夏養生することで「肺エリアを助け」、気(抵抗力)や潤いをシッカリ作ってくれる体づくりができます。このブレンドはこのような効果があります。⊕補血⊕補気⊕滋補⊕潤肺⊕行気


【具体的にはこのような症状に】
不眠、動悸、気持ちを穏やかにする、息切れ、気の詰り、お腹の冷え、消化不良、咳、解毒、肌荒れ、潤い不足、肩こり、腰痛、アンチエイジング、未病先防、抵抗力増進、疲労回復

 


#国際薬膳師山下れい子
#薬膳は選択理論
#薬膳はライフワーク
#薬膳はセルフメディケーション
#基礎から学ぶ薬膳教室


[募集中の薬膳教室]
[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント] [気学と氣療]
[TOP] [問合せお申込み]

進化した夏の薬膳酢♡簡単保存食

進化しました!夏の薬膳酢

切って入れてかけるだけの簡単保存食

私。料理は致しませんが、時間の空いた時は四季折々に効果的な保存食を作ります。

今日は立夏。
夏養生の保存食はこれ!「潤肺ピクルス🥕」と思って昨日つくりました。
切って入れてかけるだけ。
1枚目の写真です。が!!!!!!! さらに… 進化しました!!
2枚目の写真をご覧ください。

 

夏は心エリアのトラブルから動悸や不眠、健忘などが起こりやすい季節。
折角なのでもう一工夫してみました。
⊕補血で「潤肺⊕補血ピクルス🥕」

2枚目の写真はコレです⇊

モチロン中の野菜も食べれますが、この酢がポイント!!
酢はもともと気の流れを高めてくれますので元気になれます。
なにより、何にでもかけて食べられるところがうれしいですね✌️
(サラダやチャーハン、ラーメン、餃子、酢物、野菜炒め、サワー等々)


これは、夏にトラブルを起こしやすい心のエリアをサポートしながら、肺のエリアを潤わし、抵抗力を高めるという働きがあります💓

【具体的にはこのような症状に】
不眠、動悸、気持ちを穏やかにする、息切れ、気の詰り、お腹の冷え、咳、解毒、肌荒れ、潤い不足、肩こり、腰痛、アンチエイジング、未病先防


・百合根:甘苦/平 心肺 潤肺 止咳 清心 安神 動悸 不眠 精神安定
・白木耳:甘淡/平 肺胃腎 潤肺 滋陰 生津 益胃
・枸杞子:滋補肝腎 明日 潤肺
・にんじん:甘平/肺脾肝 健脾 滋陰 補血 明目 消食 血中脂質抑制
・龍眼肉:甘/温 心脾 補血薬 補心脾 益気血 動悸 不眠 健忘
・紫蘇:辛/温 肺脾 辛温解表 行気 和胃 解毒 嘔吐 お腹の冷え 喉の詰まり感
(赤紫蘇はアントシアニン、青紫蘇はβカロチン)
・酢:酸苦/温 肝胃 活血 化瘀 消積 軟堅 解毒 魚毒 止血 治瘡 下痢 腹痛 体力回復
・ローズマリー:気の巡りを穏やかにする

 

#国際薬膳師山下れい子
#薬膳は選択理論
#薬膳はライフワーク
#薬膳はセルフメディケーション
#基礎から学ぶ薬膳教室


[募集中の薬膳教室]
[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント] [気学と氣療]
[TOP] [問合せお申込み]

琵琶葉(ビワの葉)で夏準備。

生薬でも使われている琵琶葉(びわの葉)

 

生薬としても使われている琵琶葉。
若葉ではなく、古葉を使います。実がなる前が収穫チャンス!
ポイントは裏葉の毛を丁寧に取り除くこと🍃

・喘息のような咳や気管支など、肺経絡の炎症落ち着かせてくれます。
苦/涼 肺胃 化痰止咳、和胃降逆、呼吸困難、嘔吐、咳嗽

・民間療法でも次のような効果があると使われています。
(濃く煎じたものを使用したり、アルコールに漬けたチンキ液を塗布)
・暑気あたり
・皮膚炎
・虫さされ

🍃明日のMYブレンド薬膳茶ワークショップで分け分けしましょう(^^)。
ドタ参加もお受けいたします。
https://www.facebook.com/events/1286149471560600/?ti=ia

 

陰干しだときれいな緑がでます。蒸すと右のように黒くなります。

 

#琵琶葉
#国際薬膳師山下れい子
#薬膳は選択理論
#薬膳はライフワーク
#薬膳はセルフメディケーション


[募集中の薬膳教室]
[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント] [気学と氣療]
[TOP] [問合せお申込み]

薬膳を学んで…「みなさまの声」

《基礎から学ぶ薬膳教室や、アドバイザー認定試験を受けられた方からご感想を頂きました。一部をご紹介させていただきます》

[これまでの皆様の声]

[30代女性]
基礎から学ぶ薬膳教室を終えて、まず、冷え性が治りました。薬膳茶を毎日飲むようになってこころが落ち着いています。

これからは、毎日の食と健康に活かしたいと思っています。また、試験をどんどん受けていきたいです。


[30代女性]
基礎から学ぶ薬膳教室を受けて、自分の身体に興味を持つようになった。
食べるものに興味を持つようになった。

これからは、日々の生活に取り入れたい。家族などにアドバイスしたい。
また、症状から細かく分析できるようになりたい。薬膳インストラクター認定試験を受験します。


[40代女性]
基礎から学ぶ薬膳教室を受けて、花粉症の症状が少し改善された気がします。こころや考え方が体調にとても出ることがわかりました。

これからは、日常の食事作りに活かしたいです。症状分析がきちんとできるようになりたいです。


[50代女性]
基礎から学ぶ薬膳教室を受けて、自分に優しくなれました。これからは毎日体調に合せた薬膳茶を作ります。人に弁証施膳が出来るように勉強をしたい。


[募集中の薬膳教室]
[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント] [気学と氣療]
[TOP] [問合せお申込み]

2019年4月の占い出向日(令和・自分の吉方位を知ろう)

 

平成から令和に変わるまでのカウントダウンが始まりました。
「あたらしい時代」は、可能性が広がります。


2019年の5月は、いいことも悪いことも、ダイレクトに伝わるミラクルな月。年に一度しかないこのタイミングを有効活用するために!!今から計画をたてましょう!!

 

自分にとっての吉の方位を知ってその方位に出かけること」

 

特に!今まで思うようにコトが運ばない方、不運続きの方、腐れ縁が切れない方、健康低迷中の方などには願ったりかなったりの月です。

どの方位がいいかは人それぞれです。ネットや本で調べるのもアリですが、大きな見落としがありそうなので、専門に任せた方が無難でしょう。まったく吉方位がない方もおられます。そんな時はせめてもの抜け道をお知らせします。(山紫澪


 

4月の山紫澪の出向日をお知らせします。
占いカフェハスハスと、四国霊場76番 金倉寺の二か所に出向しています。


 

[募集中の薬膳教室]
[パーソナルコーチング]
[TAO薬膳会skill-up group]
[イベント] [気学と氣療]
[TOP] [問合せお申込み]

『方位を視て動くこと』は明暗を左右する

『明暗を分けるのは、どの方位にどう動いたか』


引越しの後で、思うように運ばず、ご相談に来られる方が多いのですが、
A子様は引越し前に来て下さいました。よかったです!

セーーーフ!!
今年は待て!!
待てない??
じゃー、この抜け道で!!


本来は好調期なはずのA子様ですが…😢、
昨年の2018年より体調を含めて不調続き。

体調面では、
どこの医者に行っても原因が見つからず…。

なんでもないと言われている。
でも皮膚炎、咳、便秘が益々悪化している。

現在の生活環境を変えたいので引越しをしたい。

とおっしゃっていました。

本来ですと、九星気学でのA子様は、
ここ二年は好調期なのですが、
その時期に不調続きとはおかしな現象です。
そこで、遡って伺ったところ、
原因がすぐにわかりました。

それは、2015年(今から4年前)。
五黄殺という最大凶方位に引越しをされていました。

たまたまその年は、
五黄殺と言われる五黄さんが、
『金』さんのエリアに滞在されていました。

つまり、五黄さんのいる金さんエリアに引越しすると、
『金』さんグループの肺、大腸、肌肉、鼻などに悪影響
がでてくるという納得のいくお話です。


薬膳を学ばれている方は、あれ???とお思いのことでしょう。
『金の行の特性』がそのまま出るのです(^^)
金肺大腸皮毛鼻辛悲秋西洟毛穴納収


良きも悪しきも、動いたことで発生するエネルギーは、
何らかの形で60年間循環してゆきます。
それは、その人の持つ『気』が低下した時に、
さまざまな現象として顕れます。

良い現象のときには気付かないことが多いのですが、
「悪い現象」のときに人は悩み、試行錯誤を繰返し、
ご相談に来られます。人生そんなもんです。

運勢も、動くときと温める時。
事前計画をしっかり!!

と提言させていただきたいです。

A子さんは、どうしても引っ越したいという思いが強く、
最大凶方位でも抜け道はありますので、抜け道を探して
しっかりと対策を立てさせていただきました。

ご提案うちの一つですが、ご提案したエリアの皮膚科を受診するコト。
そこで処方していただいた薬は合ったそうで、改善傾向だそうです。

ひとまず ほっ。



3月はこの日程で占いカフェハスハスで気学相談をしております。
ご予約下さい。